2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013'10.30 (Wed)

そして出産。その2。

あー、もうどうなってんだ?
こんなに、痛くて苦しかったか!?
あーもうやだーーー!誰か代わってくれ~~~~っ!!

そうこうしているうちに、
LDRのベッドを分娩台にしましょうと動き始め…内心、やっとかよ…と思っていた。

次の波でイキみましょう!

~~~~っっっ!!!

??え?できてる?なんか良くわかんない。。。

次にしましょうか。
などのやり取りをし、イキむこと数回。

え。まだ、産まれなくない??と他人事のように思ったり…

フサフサ髪の毛見えてるよ!
励まされるが、なんか力入らない…というより、なんだかよくわからなくなってきた。

旦那、ナースコールを頼まれている。

私に酸素マスクが着けられ、
赤ちゃんに酸素を送って!!って言われる。
深呼吸深呼吸深呼吸!!!!


。。。吸引しますねっ

そして、バチバチバチンッッと切開した音が聞こえ…
股に穴があくかと思うほどの痛みとともにその器具が入ってきて、、、

赤ちゃんがずるりと出された。

股のしたを見ると、顔を拭かれながら泣いている我が子。


でも。カンガルーケア出来なかった。


まず何は無くとも、赤ちゃんに酸素を!ってことで、センサーつけられ、酸素量測ったりされてた。

私とは反対側の壁にある小さなベッドに寝かされ、センサーから警告音が響く。。。


その間、手足の震えが止まらないまま、縫合されながら、その異様な光景を眺めていた。

泣いている…けど、大丈夫じゃないの?
まさか赤ちゃん死んじゃうの???

うまく産んであげられなかったから?


ピコンピコン…!!!という、警告音。頭がおかしくなりそう。。。



しかし、その後落ち着いたようで、
体重を測りに連れていかれ、やっとやっと対面の時。


あー、よく頑張ったね、、、心の底から思って、ほっぺを撫でた。


さっちゃんより約1キロも大きい男の子!肉付きもよく、すでにほっぺがぽっちゃりしていて、可愛い!


その後、実家の父母がさっちゃん連れて来てくれた。

さっちゃんは赤ちゃんをみて、
ものすごーく小さな高い声で、
カワイイ
って言った。

私のベッドに入ってぎゅーっとした時、なんだかさっちゃんがすごーく大きく感じた。


お腹からなかなか出て来られず、その間に羊水を飲んでしまった赤ちゃんは、酸素のこともあり、即母子同室も叶わず、新生児室でお預かりとなった。


興奮して眠れず、でも近くに赤ちゃんがいないからやることもなく、なんとも不思議な一夜を過ごした。


私がフワフワした一夜を過ごしている間、赤ちゃんは、夜通し羊水を吐きまくっていたらしい。。。
それは24時間たった夕方まで続き、K2シロップも吐き、授乳もうまくいかない始末。。。


怖かった。

2人目と言えど、ドシンと構えていられない。ふにゃふにゃな赤ちゃんを前に不安で不安でオロオロした。

でも、この子の生命力はきっと大したものだ、って気もしていた。



何はともあれ、無事に産まれて来た我が子。

今回はほんとに、
人間て、死ぬほど頑張って産まれてくるんだな、って思った。
私の痛みもたいがいだったけど、それで死ぬことはないのもわかってたし、産めないことないってわかってたし。
でも、産まれてくるほうは、まさに命がけ。

本当に、頑張って産まれてきた息子。
偉い。ありがとう。お疲れ。頑張ったね!
スポンサーサイト
00:03  |  出産  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'10.27 (Sun)

そして出産。その1。

前駆陣痛と思しきものは正期産に入ってからは普通にあって、ヤキモキしていた。

9/29日曜日。39w3d。夕方くらいから張りと痛みが不規則ではあるがずっとある。

日付変わって9/30月曜日。
…日付変わったあたりから、あれ???ちょっと痛み強いかも、痛いかも……!!やり過ごすのに、フゥゥーーと軽く息を吐きたいほど。
間隔は3分。

どーする、どーする???

いや、一先ず寝よう。本当の陣痛ならば痛くて起きるはずだ、と言い聞かせて。

寝てしまったようだ。

朝7:30。おしるし。

さっちゃんの時は、おしるしからトントン進んだので少し覚悟を決める。
もしかしたら今日かも。

みんなを送り出してからも痛みと付き合う。フゥゥーーフゥゥーー……間隔は…5,6分。
お昼前までこの状態が続いたため、病院に連絡。
『電話口の声は元気そうですけどねぇ、経産婦さんてこともあるので、一旦来てもらって、みてみましょうか?』

向かうことに。
私の予感は、まだまだかかるから、一旦帰って様子みて~。

病院につき、即診察してもらう。

『あれー、えっとね~…』

あぁ、やっぱり子宮口開いてないんだわ、残念だけど一旦帰れだな、こりゃ。と内心思っていたら……

『あれー、えっとね~、もう子宮口、6センチくらい開いてるねぇ。ハイ、即入院でぇす!』


!!!!!?????


マジすか?
ちょっと待って、入院準備持って来てなぁぁぁい!!!!
てか、この程度の痛みでもう6センチ?
じゃどんだけスルンと産まれるの?

動揺は隠せないが、荷物とさっちゃんのお迎えという大事なことが二つもあり、実家の母に頼むことに。
パパにも同時に電話をし、この感じだと夕方までには産まれてしまうかもしれないと伝える。


はぁ、いよいよだな!頑張るぞ!!
こんな気持ちでいた。

旦那到着。14時頃。
この頃から、フゥゥーーーーーーと真剣にやらないとダメな感じに。
旦那、テレビを点ける。ミヤネ屋。申し訳ないが、消すか違う番組にしてくれと頼む。

LDRに移動。まぁまだ喋れる。

アロマを焚いてもらい、私も私で必死におっぱいマッサージをして促す。
この時点で、15時すぎ?

どんどん痛みが増す。。あの波がくるのが恐怖!

内診。んー、まだ7センチ。

嘘だろッッ!?まだまだじゃん!!

一度出産を経験すると、痛みがMAXになるまでまだまだ苦しいことを知っている為、余計に怖い。

破水。
こんなあからさまにバシャッッと破水するんだね。

お産進むから、明るいうちに産みましょう!…と助産師さん。
スルンと14時くらいには産まれるかも~なんて言ってたのに(笑)

子宮口なかなか全開にならず。
厚いだか硬いだか言われ、筋肉注射を肩に打ち、柔らかくそして開きやすくするという。

…わたし、わかった。
私は、注射の痛みには強いんだ!でも陣痛はキビシイーーーーー!!

あー、波がくる。。。
痛い苦しい気持ち悪い。。。

子宮口は9センチ弱。
どうやら上半分がまだらしい。
…上下に分かれて開いて行くのか!?よくわからんが。


ふと気付くと、助産師さんが変わっていた。。。

『夜勤の助産師デス~』

…どうやら明るいうちには産めなかったようだ。

続く。
23:01  |  出産  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'10.26 (Sat)

出産まで。

備忘録として。

妊娠発覚~初期。
検査薬を使う前からそんな気がしていた…というか具体的に、いわゆる、妊娠超初期症状があった。

悪阻。
これに関しては、超軽かった、と言える。ムカムカはあったけど、キツくなかったし食べられないものや臭い受け付けないものもなかった。嘔吐もしなかったし、トイレにこもることもなかった。唯一タバコの臭いだけがダメだった。

初期。
母子手帳もらえるまでとにかく心配。
『大丈夫、赤ちゃん、ちゃんと大きくなってるよ』という先生の言葉がどれだけ嬉しかったか。
さっちゃんの幼稚園準備などで、毎日があっという間に過ぎた。
カンガルーの行き帰りの階段がキツかった。。


中期。
安定期と呼ばれる時期。
胎動は15w0dで感じた!
パパがお腹触ってわかったのは20w3d。
さっちゃんが触ってわかったのは、21w4d。

その頃ママは咳がひどくなる。。横になって眠れないほど。
大根ハチミツを作って飲んだりしたが改善されず苦しすぎるので、近くの内科に電話したところ、産婦人科には行かれましたか?と言われ…結果、産婦人科で咳止めを処方してもらう。

胎動の感じ方が変わる=逆子になる。

お腹の痒み&湿疹。
お腹が大きくなるからか?腹帯が合わなかったから?とにかく痒い痒い!!
検診時、レスタミンクリームを出してもらいよくなる。

性別が男子とわかる。
へその緒とかかとが邪魔をしているが、男の子かな??と言われ始める。
2週間毎の検診になった頃、素人目にもハッキリわかる男の子の印をエコーで発見!!
まさか自分が男の子妊娠できるなんて!嬉しかった!
女の自分の中に男の子がいる不思議。


後期。
お腹の張りを頻繁に感じるように。

そして、朝方頻繁にこむら返りするように!!地味にキツイんだよね…あっ!と思った時にはこむら返りしてて。腹筋使って起き上がれないし、一人のときはもう片方の足でひたすらさするのみ。。冷や汗かくわ!

さっちゃんの運動会が、幼稚園の都合で1週間延びることになり、なんと予定日10日前に。
どうか、お腹にまだいてくれー!と願う日々。

検診は1週間毎になる。
運動会いけるか気を揉む私に『残ってる張り止め…飲んでてもいいよー、ま、陣痛きたら止められないけど。』と先生。

日常も大人しくして過ごす。
38w内診も、まだ子宮頸管も短くなってないし、子宮口も開いてない、ということで、運動会には無事に行くことができた!

その後39wの検診に。
運動会見にいけたあとは、いつ産まれてもいいわけで。
ところが、NSTと内診の結果、
『うーん、まだな感じかなぁ~。予定日超過もあるかも。40週の予約取ってってねー』と言われるのであった。
その時点で推定体重多くて3700!!!

嘘だろッッ


出産へ続く。
19:39  |  出産  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.13 (Sat)

出産 記憶の記録~誕生日おめでとう

吐き気を催す痛み。

腰をさすって!!!!テニスボールでおしりを押してて!!!

喉がカラカラに渇く。


ついに先生登場!!まさにギネ!!!って感じの凛々しい女医さん。
内診してもらってその時点で子宮口は何センチ開いていたのだろう。。。
言われたけど覚えていない。
「イキみたくなったら軽くイキんでいいから」
と言われた。
そして先生去る。

え?え?え?まだなの???

助産師さんによると、「午後1時ってとこかな」だって。

時計みて愕然とした。だって9時なんだもん。まだまだじゃん。


LDRでリラックスできるようにって用意したCD。
電気も消して、好きな香りのボディクリームで足のマッサージなんかしてもいいな。

・・・そんな余裕ナシっ!!!

とにかく時計を見ないように努め、ひたすら痛みと吐き気と向き合う。


手足がどんどんしびれてきた。
過呼吸。

全身のふるえが止まらない。寒い。いや寒くない。よくわかんない。

痛い、気持ち悪い、まだ?もう無理。  何回言っただろう。


不思議なのが、陣痛と陣痛のほんの少しの合間に、
必ず深い睡眠に陥れること。
スコンと眠りに落ちて、一瞬なのに夢までみれる。
そして強烈な痛みで起きて現実。

この感覚が本当に不思議だった。
夢か現実か。なんだか彷徨うってこういうことかも。
それとも気を失っていたのかな。揺すって起こされたりしたもん。

痛くて声が出る。ていうか声を出していなけりゃなんだか、もたない気がした。

なりふりも構っていられなくなってきた。


分娩台に移動してって言われたのが何時だったんだろう。。。
時計よりも、点けっぱなしになってた誰も見ていないテレビが目に入る。
直前にみたのは ザキヤマさんの顔w
どうでもいいことは覚えていたりするもんだ。


指示通りに呼吸をしイキみ、誉められていたのは覚えてる。

お腹の赤ちゃん苦しいから酸素を送ってあげて!深呼吸して!
・・・そして酸素チューブをつけられた。


そして。

イキんだ。イキんだ。イキんだ。
先生が「お手伝いしますね~」と言ったのが聞こえた。
内心、もっと早くから手伝ってくれよ!!!!と思った自分もいた。

「頭見えてるよ」

「ハイ、もうイキまないで!赤ちゃん通るの感じるでしょ??」
感じた。


・・・泣いた??? 思わず出た言葉だった。

聞こえた!泣き声。

・・・どっち!?  

「女の子!!!女の子ですよ、ハイっっ!」

胸の上に乗せられた小さい赤ちゃん。

最初に目がいったのは 手 だった。思わず思った 「キレイな爪の形だなぁ」

もう痛くない。気持ち悪くない。

胎盤が出る感覚もなんともないし、縫合される痛みもどうってことない。

ふと旦那を見ると、
ボロボロ泣いていて。助産師さんからティッシュをもらっていた。

それを見て、家族3人で楽しくやっていけるって確信した。




生まれたてのわが子にかけてあげたい言葉は決めていた。

「お誕生日おめでとう」

気取らずさらっと言えた気がする。
18:56  |  出産  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'02.13 (Sat)

出産 記憶の記録~病院へ!!

元旦から2日に日付が変わろうとする頃。

胎動とは違う、何かがかる~くはじけた感じがお腹でした。
その後「おしるし」が。
ちょっとヘラヘラしながら旦那に「なんかおしるしきたっぽいよ~」と言ってしまったのをなんとなく後悔・・・

その後、お腹の張りと痛みを感じ、間隔を旦那に知らせ、
それをティッシュの箱にメモっていく彼。
「ハイ、きました」 と手をあげ知らせる私。
間隔はだいたい10分といったところ。

とりあえず病院に電話。
正月なのに大変だな~と電話しながら心の中で助産師さんを労ってみる余裕が余裕でアリ。
「前駆陣痛だと思うから7分間隔になったらまた連絡して」とのこと。

wiiマリオをやったりして過ごす。

その後。
「ん?なんか出たな。血かな?」とトイレに行くも、思ったほどの出血がないため、
「もしや破水???」とまた病院に電話。

「一応検査するからすぐ来て下さい。もし違ったら一旦帰ってもらうね」
一旦帰る、それでいいかなと思った。
目前に迫っている出産をどこかでまだ受け入れられていなかったから。
まだ先のことって気がしていて。

午前4時前。
真っ暗で路面は凍結。
旦那が信号につかまらない道を選んで走るもんだから、
余計に現実っぽくなかった。
病院につくまでの10分間で2回陣痛あり。

夜間用入り口で手続きをして、車椅子で移動。
生まれて初めての車椅子で薄暗い病棟をびゅんびゅん風をきって進む。
不謹慎にも「ひゃっふぅぅぅぅ!!!」と叫びたい衝動にかられるがガマン!!!
でも楽しげな表情を旦那に見られる。


検査の結果、ちょっと破水してます、とのことでLDRへ移動。
機械をつけ、張りの具合などを見る。

全然余裕でいられた。

「ふーーーーーー」と息を吐いて、張りと痛みをやり過ごしていた。


ドッカドッカお腹の中で動いている。
痛い。痛い。
痛みもさっきより増してない??

「おーーーーすっごい元気だね」と助産師さん。
あははー なんて笑う余裕もこの頃はあり。

「もう規則的にきてるね、陣痛だ!」
と言われた頃は、痛いけどガマンできんじゃん!と、痛みに顔を歪めつつも思えた。


「昨日(1日)は赤ちゃん生まれてないから、第1号になれるかも!頑張って!」と言われる。
経産婦、こないでくれよ!と思ったりもした。


外はきっとほんのり明るくなる頃。

痛い・・・・・・・

え?先生は9時にならないとこない??
今何時?6時?無理ゆーーーーな、早く先生呼んで来い、ゴラッっ!!!

心の中で悪態つくほど、余裕がなくなっていったのです・・・・

つづく
01:46  |  出産  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。