2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013'07.21 (Sun)

古川のおばあちゃん

7/17、古川のおばあちゃんが亡くなった。
施設に入所が決まって一ヶ月。直前に体調を崩した際の検査で、遅かれ早かれ…なんて言われていて、心の何処かで覚悟はしていたけれど、こんなに早いとは正直思わなかった。

夏休みに入ったらゆっくり顔をみに行こうと思っていた。その矢先。

震災直前におじいちゃんが亡くなり、その後震災でしばらくバタバタしている中で、おばあちゃんを呼び少しの間一緒に過ごしていた。

少し出始めていた認知症の症状に私たちも戸惑ったし、正直時にはイライラもした。認めたくなかったからもあるし、嫁である私の母の態度も伝染した。(母はイライラしながらもしっかりやることはやっていた)

そんなおばあちゃんが亡くなった。

当日、駆けつけたが、顔は見れなかった。
いや、見るのを遠慮していた。
そういうジンクスがあったから。。。

通夜。
親戚やご近所の方が続々集まる。
喪主の父が声をつまらせた時に一瞬私もグッときたが、おばあちゃんの家に見慣れない祭壇があるくらいで、あまり実感がない。人が多くて疲れた。
おばあちゃんの顔、みた?と母。とても美人だよ。
私は遠慮した。
さっちゃんは、棺を覗き、おやすみなさいと挨拶をしていた。

次の日、出棺。
前日に書いたメッセージを、棺に入れるという。
顔は見ない…足元にメッセージカードを入れる…が一瞬見えたおばあちゃんの顔。

見ちゃった…いやいや!!
やっぱりちゃんと見なきゃ!!!

でも。少し離れて見てみる。
あ、化粧されてる。
穏やかな顔だ。。。

お花を入れる。
さっちゃんと一緒にお花を選び…
直視できないまま、
どうやらキレイに化粧されて穏やかな顔なのだろうと胸に刻む。

火葬直前。
『お顔をみて、お声をかけて下さい』

…。
………。

ジンクスを知っていたはずの旦那の

『見ておいでよ。ね。』

の一言に背中を押され、
しっかりと顔を見てきた。


穏やかでとても美人。
キレイに化粧をしてもらって。。。
こんな化粧したおばあちゃんは初めてみた。

自分のことは二の次の人で、おじいちゃんや息子、孫たちの世話を焼いていた。
オシャレとは縁遠かった。

そんなおばあちゃんが、最期の最期、とびっきり美しくなっていた。

胸も目も熱くなって耐えられなかった。

良かったね、って思ったし、
なんか色々たくさんゴメンねって思ったし、
ゆっくり休んでねって思ったし…
ありがとうって思ったし。

『ママ、なんで涙??おばあちゃんに会いたいの???』と心配そうに私の涙をふくさっちゃんの優しさにもヤられて、どんどん涙が溢れた。
旦那が肩をギュッと抱いてくれ、顔を見られた満足感でいっぱいにもなれた。

お経をあげて下さった和尚さんが、ある経の一説を解説してくれた。
『悪いコトをしたかもしれない、でも、私の本意ではないの。どうか今ここで全てを水に流して下さい、ごめんなさい』というような意味の。

晩年、認知症で迷惑をかけているって時々申し訳なさそうにしていたおばあちゃんの言葉かな、と思って聞いた。
母が肩を震わせて泣いていた。
そう、おばあちゃんのせいじゃない。
病気だったの。

お骨は…見なかった。
それは、見られなかった。
さっちゃんにも見せられなかった。
最後目に焼き付けたのは、おばあちゃんの穏やかな美しい顔。それでいい。


思い出すのは、ひたすら我々孫を目の前に絶賛し、何にでも感心して目を丸くしていたおばあちゃんの顔。
見送りに歩道まで出てきて、おいでおいでみたいなバイバイをするおばあちゃんの姿。


おばあちゃんが亡くなった。
悲しい。
でも、順番で良かったんだ、とも思った。
死は、年功序列でなければ、残されたほうの後悔が大きくなる。生きていけないほど。

私は、親より先に逝ってはいけない。
娘は、私を見送らなければいけない。

そんなことを痛烈に感じた。


余談。この連日の集まり。
さっちゃんが本当に本当にお利口さんだったことを忘れちゃいけない。
なんでもマネしてやりたがる年頃ではあるが、経の間も正座して、焼香もし、全ての時間、誰の迷惑にもならず、周りと同じように過ごした。
『死』をどこまで理解したのか、感じたのかはわからないが、慰め、心配し、抱きしめる優しさが彼女の中にある。

『おばあちゃんに会いたいの?』
心配そうに尋ねるさっちゃんと、
おばあちゃんの最期の顔が同時に浮かぶ。
スポンサーサイト
23:40  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eri861720.blog58.fc2.com/tb.php/323-08d58202

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。