2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'11.06 (Fri)

そういう年頃

今日は近所の皮膚科へ。

この季節ってことと、おそらくホルモンの関係か、やたら肌がかさかさカユカユ、

そしてここ最近の腹の痒みは耐えられなくて。

歩いていける距離ですが、旦那が送り迎えをしてくれました。

私の診察中に買い物をしてくれるという優しさっぷり。

・・・・・とこう書いてますが、彼は「当たり前」というでしょうし、

私も「当たり前」のように甘えてることに気付くのでした。



さて。

タイトルのお年頃とは 高校生 のこと。

私って、昔から空いてるお店に入ったのに私のあとに続々人が来ちゃう、という特異体質?で。

診察している間に激混みになり座る場所がなくなってしまったんです。

えーーーーー座れねーじゃんっ と思い、バッグにつけてる妊婦キーホルダーを見えるように持ち、

さらに最近じゃ知らない人からみても妊婦とわかるお腹を見せつけてみました。


ふんぞり返って、ちょっとイキがって、二人分の座席を占領且つミカサのバッグを置いちゃってる、
ハイスクールボーイに!!!!


しかし。露骨に見てみぬフリをされてしまったので、おいっ!と思い、

「座らせてもらえませんか?」と言ってみました。


チッッッと舌打ちをされ!!!!!!!! ダルそーーーーーに移動。

それを間近で威圧的に眺めるワタシ。 そう、そんな年頃の子には慣れっこ。負けません。

そして、マスク越しですが笑顔プラスちょい大きめな声で

「ありがとう」 と言いました。 きっとこのありがとうはこっ恥ずかしかったハズっ


優しくなれよ、少年。  特に妊婦にはなっ 

とクラーク博士のように指をさし言ってやりたかったですw


受け持っていた同じような年頃の生徒たちは、色々妊婦なワタシに気を使ってくれてたっけな~

妊婦さんが身近にいないとよくわからないことはあるでしょうが。


自分の身内が外で妊婦さんや子連れのお母さんたちに優しくしてあげてますように。
スポンサーサイト
19:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://eri861720.blog58.fc2.com/tb.php/73-2f7b8108

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。